MENU
2019年9月1日にサイトオープン!

相模原麻溝公園にいこう | また行きたくなる人気の理由

2019 9/11
相模原麻溝公園にいこう | また行きたくなる人気の理由

相模原麻溝公園(以後麻溝公園)は、いつもたくさんの人でにぎわう人気の公園です。

休日ともなると1200台以上ある無料駐車場がいっぱいになってしまうほど!

今回はそんな麻溝公園の人気の理由を5つご紹介していきます。

次のお休みは、そうだ!麻溝公園にいこう!

目次

麻溝公園ってどんな公園?

麻溝公園は広大な敷地面積を誇る、相模原市を代表する総合公園の1つです。

駐車場も入園も無料ですが、とても管理が行き届いていて気持ちのいい公園なんです。

たくさんある魅力の中から、今回ご紹介する麻溝公園の人気の理由5つはこちら。

  1. グリーンタワー相模原(展望台)
  2. ふれあい動物広場
  3. 芝生広場
  4. 子どもの広場
  5. 駐車場

    麻溝公園の魅力① グリーンタワー相模原(展望台)

    画像麻溝公園にあるグリーンタワー相模原(展望台)

    麻溝公園といえば、このグリーンタワー相模原(展望台)です。

    グリーンタワー相模原は、1992年に麻溝公園で行われた「グリーンウェーブ・相模原’92」という全国都市緑化かながわフェアを記念して建てられました。

    相模原に古くから伝わる伝説の巨人「でいらぼっち」の気分で相模原が一望できるとあって、なかなかの高さです。

    展望室から下を見下ろすと、でいらぼっちの大きな足あとを模した子どもの広場があります。

    天気の良い日に、360度ガラス張りの展望室から望む景色は、とても気持ちがいいです。

    もちろん無料なので、麻溝公園に来たら毎回のぼるよ!というかたも少なくありません。

    グリーンタワー相模原(展望台)
    • タワーの高さ: 55メートル(フェア開催時55万人)
    • 展望室の高さ: 38メートル(フェア開催時、市政38周年)
    • 入場無料
    • エレベーター完備
    • 利用開始時間:9:00~
    • 終了時間:
    • 4~9月 16:30
    • 10~3月 16:00

    麻溝公園の魅力② ふれあい動物広場は小さな動物園

    麻溝公園には、「ふれあい動物広場」という小さな動物園が併設されています。

    無料の公園としてはとてもめずらしいですよね。

    小さな動物園とは言っても、その数も種類もかなり本格的です。

    このふれあい動物広場は、下記の3つコーナーに分かれています。

    • ポニー乗馬場
    • ふれあいコーナー
    • 展示コーナー

      ワンコイン(100円)でポニー乗馬体験

      ふれあい動物広場では、ワンコイン(100円)でポニーの乗馬体験ができます。

      ポニーは体が小さめなので、小学校6年生のお子さんまでが対象です。

      お兄さんお姉さんがポニーを引きながら乗馬コースを一周します。

      身近な公園で乗馬体験ができるとあって、休日は混み合うくらいに人気のコーナーです。

      ポニーたちも休憩が必要なので、開催時間があらかじめ決められています。

      ポニー乗馬場
      • 入場料は無料
      • 乗馬料金:100円
      • 対象:2歳~小学校6年生(2歳以上でも一人で乗れない場合は利用できません)
      • ポニー乗馬利用時間:
      • 4~9月
      • ①10:00~11:30
      • ②13:30~14:30
      • ③15:30~16:30
      • 10~3月
      • ①10:00~11:30
      • ②13:30~15:30

        うさぎやモルモットを抱っこできるふれあいコーナー

        ふれあいコーナーでは、モルモットを抱っこすることができたり、うさぎやヤギにエサやりをすることができます。

        エサやりは、専用のニンジンを購入してあげることができます。

        画像ふれあいコーナーのヤギさん。エサやり体験ができる。

        動物たちの健康のために、エサやり体験は一日3回、販売されるニンジンの数も限られているので、混雑時は1家族につき1カップまでになります。

        エサやり体験をしてみたい方は、開始時間よりも少し早めにふれあいコーナーに行って並びましょう。

        ふれあいコーナー
        • 入場、モルモットとのふれあい体験は無料
        • ふれあいコーナー利用時間:
        • 4~9月
        • ①10:00~11:30
        • ②13:30~14:30
        • ③15:30~16:30
        • 10~3月
        • ①10:00~11:30
        • ②13:30~15:30
              • ニンジン売り場:10:00、13:30、14:30(1カップ100円)

              動物園さながらの展示コーナー

              まさに小さな動物園といった感じで、リスザルやアライグマ、夏はブタが水浴びをしている様子や、大きなウシがすぐ近くで見られます。

              バードケージの中に入ると、たくさんの鳥たちがすぐ近くを飛んでいたり、水浴びをする様子を間近で見ることができますよ。

              鳥たちが外に出て行ってしまわないように、扉が2つ続いているので、1つ目のドアを閉めてから次のドアを開けてケージの中に入ります。

              麻溝公園の魅力③ 広々とした芝生広場

              麻溝公園の芝生広場はとっても広いんです。

              レジャーシートを広げて木陰でのんびり過ごす人。

              サッカーボールやバトミントンを楽しむ人。

              お正月には凧揚げを楽しむ姿も見られます。

              テントを広げれば気分はキャンプ。

              いろんな過ごし方ができますね。

              麻溝公園の魅力④ 大花壇は手入れの行き届いた四季折々の花が圧巻

              画像麻溝公園の大花壇が美しい

              麻溝公園には大花壇があり、四季折々の花が美しく咲き誇ります。

              大花壇だけでなく、行く先々に植えられた花壇は手入れが行き届いていて、いつみても緑と花のコントラストが美しいです。

              麻溝公園の魅力⑤ 駐車場が無料で台数も多い

              麻溝公園は、合計1265台を収容できる無料駐車場を完備しています。

              第1~第5駐車場に分かれていて、目的の広場の近くに駐車すれば行き来もスムーズです。

              駐車場によって収容台数、開場時間がことなります。

              無料駐車場
              • 開場時間:①6~18時 ②6~20時 ③8~19時15分
              1. 第1駐車場 181台 ②
              2. 第2駐車場 107台 ②
              3. 第3駐車場 264台 ①
              4. 第4駐車場 454台 ①
              5. 第5駐車場 259台 ③

              そうだ麻溝公園にいこう!人気の理由まとめ

              麻溝公園はいろんな顔を合わせ持つ、魅力いっぱいの公園です。

              のんびり散歩を楽しむ人、芝生で汗を流す人、寝ころびながら家族で過ごす人など、本当に多くの方に愛されています。

              すぐ隣には相模原公園もあるので、このエリアだけで十分に一日を過ごせます。

              相模原に来たらまず行く公園は?

              と聞かれたら、迷わず「麻溝公園」です!

              麻溝公園情報

              • 所在地:252-0328 相模原市南区麻溝台2317-1
              • 開園面積:約21.3ヘクタール(東京ドーム4.5個分)

              この記事を書いた人

              相模原市情報サイト じゃん・相模原の運営者
              相模原に生まれ育ち今も相模原に暮らし続ける
              生粋の相模原人
              都会ではないけれど
              田舎でもないこのまちが好き

              SEOに強いテーマは【SWELL】

              シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

              コメント

              コメントする

              目次
              閉じる